RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
2011.10名古屋・伊勢の旅#3

初めてのお伊勢参り。

伊勢神宮の歩き方、まずきちんとガイドブックを買って準備万端!

伊勢神宮は、まず外宮からお参りするのです。
全部書くと長くなるので、略しますが、外宮(豊受大神宮)は豊受大御神、天照大御神にお食事を差し上げる役目をお持ちの神様が祀られています。

※天照大御神は内宮(皇大神宮)に祀られている、言わば日本国民の総氏神。

はじめに言います。
写真の説明はしません。
全く興味なければ、ただの木だし、ただの川だし、ただの鳥居だし、ただの本殿だったりする。
そんな写真ばっかりが今回と次回は続きますが、言葉不足で感じたことを伝える自信が無い為です・・・

では・・・

外宮












朝6:30過ぎに到着したため、参拝客は数人。
やっぱり早朝の参拝がオススメです。
内宮のみで外宮は行かないって人が多いみたいだけど、お参りすると、“まずは外宮を参ってから内宮・・・”って意味がわかる気がしました。


ここでウンチクを一つ!
本殿の「千木」と言われる屋根の上に着いてるVの字の木の形について。

外宮では「外削ぎ」
内宮では「内削ぎ」

「外削ぎ」なら、男の神様が、「内削ぎ」なら女の神様が祀られているという説があるらしい。
すべてに当てはまるとは限らないらしいが、今度どこかお参りする際は参考にしてみてください♪

外宮の「外削ぎ」


内宮の「内削ぎ」


わかりました・・・?

author:ne-chan, category:トラベル, 21:03
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:03
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://365-1go1yeah.jugem.jp/trackback/113